小ぶりなタコ 「イイダコ」旬の時期とその魅力とは?

小ぶりなタコ 「イイダコ」旬の時期とその魅力とは?

こんにちわ! 市場の情報屋「ずみ」です!

お正月が終わり、ますます寒さが強くなっていますが..真冬が旬のものがどしどし出てきているようです!

今回はタコはタコでも、小さいタコの「イイダコ」について少しご紹介させていただきます。


■ イイダコ とは?

イイダコ( 飯蛸 )
タコ目 – 無触毛亜目 – マダコ科

市場だけでなくスーパーでも見かけることができる「 イイダコ 」
大きさはメスのほうが大きくなりますがそれでも 最大30cm ほどで、
オスに関しては 最大25cm ほどと、タコの中で非常に小さい部類となっています。

僕のイメージだと、たこ焼きにまるまる1匹をいれてみたりそのままパクリと食べれる小さなタコというイメージがあります。

大きさはとても小さいですが、実は マダコ科 に属しているタコなんです!

また、イイダコ( 飯蛸 )という漢字の由来は
子持ちのメスを煮た時に、中に詰まっている卵の様子が飯粒が詰まっているように見えるというころや食感が米粒のようだからと言われています。

というのも、体が小さいイイダコですが実は「 卵 」はマダコのものよりとても大きく
そのためもちもちとした食感が楽しめるのです。

【  旬の時期  】

イイダコは通年漁獲され流通しているのですが、大きく成長し
子持ちになる 1月頃から4月頃 が旬の時期となるそうです。

また、子持ちでないイイダコは比較的安価に出回っていますが
子持ちのイイダコは人気があり値が張るようです。

■ イイダコの選び方

・色が濃いものを
タコは絞めてから、時間がたつと次第に白くなっていきます。
なので真っ白のものではなく色の濃いものが鮮度がいいとされています。

・吸盤がひっついてくるもの
鮮度のいいタコは、腕の吸盤がひっついてきます。
購入前にひっついてくるかどうか、少し触って確かめてみるといいでしょう。

小さなタコ や 一口で食べられるタコ と以前は思っていましたが、
様々なお話をお聞きしたり、実際に調べると小さくても侮れないタコだと改めて感じました…笑

1月から子持ちのメスタコが上がってきているようなので
飲食店の仕入れご担当者のかた、この機会に一度ためしてみてはいかがでしょうか!

その他食材の仕入れ ・ 仕入先のご相談 お気軽にくださいませ!


インスタグラム・フェイスブックでも情報を発信しております!
ぜひ、ご覧ください!

インスタはじめました
築地の情報屋たちのInstagram

▼Instagram
https://www.instagram.com/ichiba.informer/
▼facebookページ
https://www.facebook.com/shiiresaki/

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
市場の情報屋「ずみ」です!

あれよあれよと2018年が終わり、2019年に突入しました。
….東京五輪まで……あとわずかですね..!

今年は新元号が発表される予定など様々な変化が起きる年になりそうですが
私共もその変化に順応しつつ、前へ前へと進んでいこうとおもっております。

これから暖かくなるにつれてまた旬なものが変わり、一年を通しておいしいもの
飲食店様にとって興味がわくような情報 などなどをお届けさせていただければ幸いです。

どうぞ今年もよろしくお願いいたいます!

外せない冬の食材「タラ」 その特徴などをまとめてみました!

こんにちわ!市場の情報屋「ずみ」です!
肌に刺さるような寒さが急に強くなりましたね..皆様、体調にお気をつけてください…

 

今回は「タラ」について書かせていただきました! 冬の鍋料理に引っ張りだこなタラ。
最初は切り身でしか知らなかった魚でしたが、改めてその特徴やおいしさをまとめてみました。

 

 

タラの特徴とは?

今回はピックアップしたのはタラ目タラ科マダラに属する「真鱈(まだら)」です。
冬の時期に欠かせない食材のひとつでもある真鱈。

大きいものは1mを超え、大型魚で小魚や甲殻類などを食べておりなかなかの大食いな魚とされており沢山食べて腹いっぱいの様子を「鱈腹」というようになったのもこのことからだそうです。

真鱈は丸、フィーレなどで通年市場に出回っていますが、冬は産卵に向け高級品であるオスの白子も発達しやはり旬は冬とされています。

また真鱈は基本的に「雄」のほうが高値で取引されているようでまた、大きいほど高値です。

 

 

 

 

タラの選び方

真鱈は大きければ大きいほどおいしいとされていますが、その分値段も当然ですが上がります。
特に近年では大きいものが取れなくなってきており輸入品なども多く出回っています。

大きい真鱈をオススメする理由として、白子や真鱈子(真鱈の卵巣)が大きく成長しているからです。
ただ、白子が入っている雄のほうが高くつく場合が多く、白子を目当てとしていなければメスの大き目のものが比較的手にしやすいかもしれません。

 

真鱈を選ぶ際は、

・触った際に少し硬さを感じるもので体に張りがあるもの

・斑模様がくっきりしているもの

・目が澄んでいてくぼんでいないもの

・エラが鮮やかな赤色そしているもの

以上が鮮度の良い真鱈の選び方とされています。

 

 

 

真鱈はクセの無い白身魚としてごく一般的に流通している魚だと思いますが、
鮮度のよいものは刺身でもおいしいらしく、また鍋料理から汁物・ムニエル・ポワレ・揚げ物
など幅広い料理に重宝されている魚です。

 

冬の代名詞こと真鱈。
大衆魚ではありますが、お店ごとの調理法でおいしく提供できるオールマイティな魚なので改めて真鱈を検討してみてはいかがでしょうか?

 

旬な食材の仕入れ・仕入先のご相談 お気軽にくださいませ!


 

インスタグラム・フェイスブックでも情報を発信しております!
ぜひ、ご覧ください!

インスタはじめました
築地の情報屋たちのInstagram

▼Instagram
https://www.instagram.com/ichiba.informer/
▼facebookページ
https://www.facebook.com/shiiresaki/

 

 

濃厚なかにみそと内子が美味しい「セコガニ」とは?

こんにちわ! 市場の情報屋「ずみ」です!

本格的に寒い日が多くなりましたね….
今回は冬の食材として注目される「カニ」の中でも セイコガイ という種類をピックアップして見ました!

 

 

■ セコガニ とは?

ケセンガニ科ズワイガニ属

地域によっては セイコガニ  コガニ 香箱カニ(風味のよさから香箱と呼ばれているようです。)と呼ばれています。

セコガニと呼ばれるカニは、蟹の王様「ズワイガニ」の雌を指し
主に北陸地方で漁獲され大きさは雄のズワイガニと比べて小ぶりで足の身も少ないですがセコガニは 外子と内子・かにみその濃厚な味わいと甘みが魅力です。

またセコガニは、雌のため繁殖保護の観点から禁猟期間が長く
旬は11月頭~年末ごろまでの短い期間となっています。

 

 

■セコガニを選ぶポイント

 

活けのセコガニの場合は、よく動いていて元気なもの
締めてあるものは持ったときに重みのあるもの、足を押してへこみづらいものを選びます。

 

また外子(腹に抱えた卵)はタマゴの成熟度によって色が違い
オレンジ:赤子 茶色っぽい:黒子 の2種類に分かれます。

黒子のほうが成長が進んでおり、次の産卵に向けて内子がより多く入っているとされ
赤子のものよりランクが高いです。

選ぶ際は、見た目の華やかさを重視する場合、赤子
食味や中身のほうを重視する場合は黒子を選ぶのが良いようです。

 

 

 

旬の期間、出回る期間が短いセコガニですが

その濃厚で甘み豊かな味はそのままゆでガニでも良し、味噌汁に入れても良しのステキな食材です。
またズワイガニより比較的安価に出回るので、季節の一品として取り入れてはいかがでしょうか?

 

旬な食材の仕入れ・仕入先のご相談 お気軽にくださいませ!


 

インスタグラム・フェイスブックでも情報を発信しております!
ぜひ、ご覧ください!

インスタはじめました
築地の情報屋たちのInstagram

▼Instagram
https://www.instagram.com/ichiba.informer/
▼facebookページ
https://www.facebook.com/shiiresaki/

 

 

長い剣状の「サワラ」 その特徴・食味とは?

 

こんにちわ、市場の情報屋「ずみ」です!

だいぶ寒さが増してきましたね…
今回は以前、仲卸さんから教えてもらった旬な「サワラ」について書かせていただきました!

■長い剣状の魚 サワラ とは?

鰆 / サワラ
スズキ系スズキ目サバ亜目サバ科サワラ属の魚

サワラはサバ科の魚で、サバ科に特有な模様「小離鰭(しょうりき)」があります。
またブリなどと同じの 出世魚 であり、おおよそ50cm以下のものを「サゴチ」
それより大きいものを「サワラ」と分かれています。

サワラの旬は、産卵期前の脂がのった12~2月の真冬が旬とされています。
この時期に獲れるサワラを「寒鰆」を言い、刺身ではマグロの中トロに匹敵するほどといわれており高級魚として扱われています。

一方で関西方面では春のサワラを旬としています。
これは関東方面の白身の味を楽しむのではなく、古くから春の時期にサワラを獲り真子や白子と共に食べる文化があったので春の時期が旬とされているようです。

このようにサワラは大きさによりその呼び方が違い、関東と関西での旬の時期が違う魚とされています。

 

■サワラ を選ぶポイント

サワラはもともと傷みが早い魚とされており、どの魚もしっかり選んだほうが良いですが
よりしっかりと選んだほうが良いでしょう。

 

・体表にツヤがあり硬いもの
体表にツヤやハリがあり光があたると反射し、触った際に硬く感じるものが新鮮です。
体表にツヤがあり

 

・エラが鮮紅色・目が澄んでいるもの

鮮魚を購入する際、全般的に言えることですが
えらの色が茶色っぽいものや黒いものではなく鮮やかな紅色のものが新鮮です。
また目はにごって窪んだものではなく、澄んでおりみずみずしくハリのあるものが新鮮とされています。

■サワラの食味特徴

サワラは味わい自体は淡白ながらも、上品な甘みがありクセがありません。
そのため様々な料理に用いられますが和食の基本的な素材のひとつとされています。

また食感に関しても皮の歯ごたえと身のやわらかさのコントラストがよく、生食では
皮目をあぶり香ばしさをだすとより美味しく提供できます。

基本的な調理として
・そのまま刺身
・昆布締め
・塩焼き・西京漬け(身崩れするので、事前に塩で締めておくと良いです。)
・マリネ

などが上げられます。
サゴチを使用する場合、サワラより脂が少ないのでポワレなどで脂肪分とソースの旨味をプラスするとなお良いです。

 

「サワラ」という魚のことを改めて調べ、和食~洋食まで幅広く活躍している魚であると感じました。
これから2月まで 寒鰆 のとても美味しい時期になるので飲食店の仕入れご担当者様 ご検討してみてはいかがでしょうか!

 

旬な食材の仕入れ・仕入先のご相談 お気軽にくださいませ!


 

インスタグラム・フェイスブックでも情報を発信しております!
ぜひ、ご覧ください!

インスタはじめました
築地の情報屋たちのInstagram

▼Instagram
https://www.instagram.com/ichiba.informer/
▼facebookページ
https://www.facebook.com/shiiresaki/

 

美しい銀色の魚 太刀魚(タチウオ)の特徴とは?

こんにちわ、市場の情報屋「ずみ」です。

今回は、以前より市場で見かけては気になっていた「太刀魚(タチウオ)」について書かせていただきます。
あのシュッとしたフォルム、輝く銀色の魚体。いったいどのような特徴があるのか…?

 

■ 太刀魚(タチウオ) とは?

太刀魚 / タチウオ
スズキ系スズキ目サバ亜目タチウオ科タチウオ属の魚
太刀魚(タチウオ)の由来は、漢字の通り「太刀」を思わせる外見からという説。
そして普段は蛇のように体をくねらせて泳いでいますが、獲物を狩るときはあたまを上にして立ち泳ぎをすることから「立魚」と呼ばれた説があります。

太刀魚は比較的通年流通している魚ですが、産卵期が6~11月となっており
食べころもそのころであり7月~11月までとなっています。

 

■太刀魚 を選ぶポイントは

・魚体がきれいな銀色もの
表面のグアニン質(銀色)に光沢があるものが良いです。
底引き網などで獲れたものは魚体に傷がつきやすく、表面のグアニン質が落ちているものが多いです。
そういうものは身質にもストレスがかかっている可能性があるので、できる限り表面のグアニン質に光沢があるものが良いです。

 

・1m前後の大きさのもの
太刀魚は小さいものだと小骨が多くなり、身が薄いものが多いのである程度大きいものが良いです。
ただ1.5mを超えるものは大味になる傾向があるらしく、1mほどの大きさが美味しいと言われています。

 

■実は太刀魚の身には豊富な 栄養素 が!

・多価不飽和脂肪酸のイコサペンタエン酸(EPA)
血小板がかたまる物質を作り出さないようにし、血液をサラサラにする効果がある。
また血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし善玉コレステロールを増やす。
それにより動脈硬化、脳梗塞、高血圧、高血圧を予防する効果がある。

・ドコサヘキサエン酸(DHA)
DHAは青魚に豊富な栄養素であるが、脳の発達、老化予防に重要とされる栄養素です。
また血液をサラサラにし、動脈硬化などの成人病を予防する。

・ビタミンD
カルシウムの吸収を促進し、骨粗鬆症を防ぐ効果があります。

・ナイアシン
血行をよくし、肌を健康に保つ。
アルコールが分解されてできるアセトアルデヒドを分解して二日酔いの予防にも効果がある。

 

調べるまでは私も知らなかったのですが、太刀魚には想像以上に豊富な栄養素が含まれていました。
実は身質も脂が程よく乗っており、白身ですが淡白な味わいではなく上品で濃厚な味わいです。

食べ方としては、
鮮度の良いものはお刺身で食べるのが美味で、太刀魚の旨味は皮付近にあります。

また、シンプルな調理ですが塩焼きも脂を有している太刀魚ならではのジューシーさと
上品な甘みがあいまって美味です。

 

今月の11月が、俗に言われる旬の最後となるのでこの機会に太刀魚を取り入れてはいかがでしょうか?

仕入れのお悩み・ご相談についてお気軽にご連絡ください!

 

 


インスタグラム・フェイスブックでも情報を発信しております!
ぜひ、ご覧ください!

インスタはじめました
築地の情報屋たちのInstagram

▼Instagram
https://www.instagram.com/ichiba.informer/
▼facebookページ
https://www.facebook.com/shiiresaki/

 

築地での仕入れ機能を担う「築地魚河岸」 どんな仲卸さんが営業しているの?

 

こんにちわ、市場の情報屋「ずみ」です!

今回は、豊洲ではなく築地方面で仕入れを考えている方に向け、
「築地魚河岸」にて営業している仲卸さんについて、少しご紹介させていただこうと思います!

■そもそも築地魚河岸とは…?

【 築地魚河岸 】は簡単にいうと、
築地市場が移転した後も仕入れ活動の機能を残すべく中央区が設置した、仲卸を経営母体とした小売り店約60軒が入っている生鮮市場です。

「所在地」

小田原橋棟 中央区築地6-26-1
海幸橋棟 中央区築地6-27-1

「営業日」

原則として東京都中央卸売市場の開場日・休場日に準じます。

「営業時間」

開館時間 午前5時〜午後3時
全店営業時間 午前7時〜午後2時
※日祝日、指定された水曜日が休市日になります

(NPO築地食のまちづくり協議会 築地場外市場商店街振興組合サイトよりhttp://www.tsukiji.or.jp/forbiz/uogashi/

 

以前、築地魚河岸について書かせていただきました。
どんなジャンルを扱っている業者さんがいるのか?など詳しくはこちらをどうぞ!
築地魚河岸って?

 

■営業している仲卸さんについて

それぞれ専門分野のジャンルに分かれて、約60件がの仲卸さんが肩を並べて営業しています。

魚河岸内マップ(クリックするとマップPDFを開きます。)
(NPO築地食のまちづくり協議会 築地場外市場商店街振興組合サイトよりhttp://www.tsukiji.or.jp/forbiz/uogashi/

・大物(マグロ)

トミツネ水産
http://www.tsukiji.or.jp/search/shoplist/cat-uogashi/cat-uo01/3005.html

良いもの安くがモットーのマグロ仲卸さん
本間のクロマグロからメバチマグロまで幅広く取り扱いがあり、生も冷凍も取り揃えています。

 

キタニ水産
http://www.tsukiji.or.jp/search/shoplist/cat-uogashi/cat-uo01/3071.html

母体の会社はマグロだけでなく、鮮魚の部門も構え豊富な商品を取り揃えています。
なので商品を一社からまとめて購入することが可能です。

 

・鮮魚 特種物

築地山八
http://www.tsukiji.or.jp/search/shoplist/cat-uogashi/cat-uo02/3065.html

鮮魚からエビ、うに、活魚など幅広い商品を各専門の担当者が販売しています。
加工なども適宜していただけるので小ロット、必要なものを必要なときにそろえることができます。

 

・青果

築地米金
http://www.tsukiji.or.jp/search/shoplist/cat-uogashi/cat-uo11/3061.html

ブランド国産野菜から洋野菜、またハーブなど様々扱っている青果仲卸さんです。
特にハーブでは「田澤農園」という農家さんから直接仕入れており、飲食店さんからの支持も高いです。

 

これ以外にも約60件の仲卸さんが、それぞれの色を出しながら営業しています。

仕入れに行く時間のずれや豊洲までいけない飲食店様、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

仕入れについてのお悩み・ご相談承っています! お気軽にどうぞ!

 


インスタグラム・フェイスブックでも情報を発信しております!
ぜひ、ご覧ください!

インスタはじめました
築地の情報屋たちのInstagram

▼Instagram
https://www.instagram.com/ichiba.informer/
▼facebookページ
https://www.facebook.com/shiiresaki/

仕入れのご相談、お待ちしています! 個人店のミカタfor仕入れ

 

こんにちわ! 市場の情報屋「ずみ」です!

 

ついに、 「 豊洲市場 」が開場しましたね!
いろいろと築地と使い勝手が違い、水産棟と青果棟の距離なども以前と違い右も左もわかりません(笑)

今回は今後の「 個人店のミカタfor仕入れ 」について、少し書かせていただこうと思っています。

 

飲食店の仕入れならお任せ
個人店のミカタfor仕入れ

◆ 個人店のミカタ for 仕入れ について

 

長年お世話になっていた「築地市場」が移転し、新市場 豊洲市場になりました。
もともと築地市場に足を運ぶことが多かったので、築地市場の情報が多めだったと思います。

今後は豊洲市場ももちろんのこと、都心以外の市場。
なにより「 仕入れ 」のお役に立つ情報を発信していく所存です!

 

また、情報発信だけではなく 【 仲卸さんのご紹介 】 も力を入れていきたいと思っております!

 

・市場の移転で買いに行くのが難しくなった….
・より品質の良いものはないかな?
・小ロットで持ってきてくれるところはないの?
・もう少し価格を抑えたいな…
・・・ETC

 

仕入れについて・業者さんについて お悩みやご相談があればお気軽にお問い合わせください!

 

 

仲卸(業者)  - 飲食店  - 消費者 3者すべての笑顔にお役立ちできるよう
日々、邁進していくつもりです。
今後とも 個人店のミカタfor仕入れを宜しくお願い致します!

10月6日(土)、 ついに築地市場 営業最終日。

こんにちわ! 市場の情報屋「ずみ」です!

台風が何度も来たり、安定しない天気で仕入れが大変だと最近聞きます。。
そんな中でも秋に旬が来る、食材がだんだん多くなってきており見ていてわくわくします!

 

さて今回は、ついに築地市場の営業最終日。10月6日(土)が明日にせまりました。

私自身、築地市場を回らせていただいてまだまだ日が浅いのですが…
個人店のミカタ for 仕入れ と 築地市場のかかわりについて今回はつづっていこうと思います。

ちなみに 築地市場について   豊洲市場について  は別の記事でご紹介しています! ぜひご覧ください!

■私たち と 築地市場 のかかわり

今回はつらつらと文章をかくというより、画像がメインになります!笑

思い出の写真、その場面・その瞬間に息づく「 築地市場 」をお見せしようと思っております。

 

初めて築地に行ったときに一番記憶に残ったのは
ターレー ・ トラック ・ 車 ・ 人 ・ 自転車 がうまくスレスレを行き違っておりどこか同じ日本にある場所に思えませんでした。

 

 

そして初めての「 セリ 」
イメージとしては 夜中からやっている というイメージしかありませんでしたが

そこには プロの職人  「目利き」 がありました。

手際よくそれぞれの魚体を見極めている速さに圧巻でした。

基本的には場内をとにかく回っていました。
ただ、場外も結構おもしろいぞ と教えてもらってから時々回るようになりました。
山葵専門の仲卸さん や 鰹節専門店 など自分の見聞が広がるのを感じました。

 

そして、青果棟。
以前、イタリアンで働いていたので少しお野菜は知っているつもりでしたが
まったく知らない野菜や実は、思っていた旬の時期とは違う時期が旬だったお野菜などが数多でした。

つらつらと写真を載せさせていただきましたが、築地市場では載せきれないほどの経験をさせていただきました。 間違いなく自分の人生の貴重な経験だと思っています。

個人店のミカタ for 仕入れ はこれからも、
【 飲食店さん と 仲卸さん・業者さんのご縁 】を紡いでいけるように、各市場を回らせていただきます。もちろん豊洲市場も。

仕入れにお困りの飲食店様、 お付き合い先を増やしたい仲卸様・業者様 お気軽にご相談ください!

 


インスタグラム・フェイスブックでも情報を発信しております!
ぜひ、ご覧ください!

インスタはじめました
築地の情報屋たちのInstagram

▼Instagram
https://www.instagram.com/ichiba.informer/
▼facebookページ
https://www.facebook.com/shiiresaki/

身の甘さが絶品! アマダイの特徴とタイとの違いは?

こんにちは!市場の情報屋「ずみ」です!
いよいよ気温が下がってきて「秋」を感じさせるようになってきましたね。
すでに私は掛け布団を出しました。笑

今回は仲卸さんのフェイスブックやインスタグラムを見ていたときに気になっていた、
「アマダイ」について書かせていただきました。
漢字では「甘鯛」と書くのですが、そのアマダイの特徴はどのようなものなのでしょう?真鯛との違いは…!?


 

■アマダイ とは?

アマダイ / 甘鯛
スズキ目スズキ亜目アマダイ科アマダイ属の魚。
アマダイは通年と押して流通している魚で、一概に旬を指すのは難しいが
産卵期が9月頃から12月頃にかけてとされおり、身がよりおいしく食べられるのは夏~秋口にかけてとされている。つまり今がちょうど「旬」にあたる。

また「アマダイ」と指されるものは一般的に アカアマダイ を指す。
よく市場に流通しているのもこの種で、そのほかアマダイ属には シロアマダイ
キアマダイ などがある。
上記3種類の中では、シロアマダイが最も味がよく高級とされその次に、アカアマダイ
そしてキアマダイの順とされているようです。

そして 鯛 とついていますが、アマダイ属なので真鯛などが属しているマダイ属とはことなり、本当は鯛とは別の魚になります。

【シロアマダイの特徴】 : 体色が白っぽく尾びれに黄色横縞がある

【アカアマダイの特徴】 : 全体にピンク色で腹は白く、目の下はややオレンジ色でその後ろに白く光る帯状の部分がある。

【キアマダイの特徴】 : アカアマダイと非常に似ていますが、背びれや尾びれがアカアマダイより黄色がかっているものがキアマダイと区別されています。

■鮮度の良いアマダイを選ぶポイントは

目がみずみずしくハリがあり、澄んでいるもの
目の大きなアマダイなので、時間がたつと目が乾いてくぼんでいきます。そのようなものは
避けたほうが無難でしょう。

エラが鮮紅色のもの
選ぶたが鮮やかな紅色であるのものがベストで、茶色っぽいものや薄くクリーム色のものは避けたほうが良いでしょう。

体にハリがあり硬さのあるもの
全体的に体表の色が鮮やかで光沢があり、腹を触って硬いものが新鮮とされています。
また、魚体の大きいものは甘みが多くおいしい。 ただお値段も同時に張ります。。

 

■アマダイのおいしい食べ方

アマダイの身の特徴として、白身で脂肪が少なく水っぽさがあり、肉質が柔らかい。
真鯛のようにぷりぷりっとして食感はなく、しっとり柔らかい印象です。

調理をする前に塩を振って身を締めてから料理しないと、水分が多く柔らかいので型崩れしてしまう恐れがあるので注意です。

・刺身
鮮度が良いものはお刺身がおススメです。
こちらもおつくりにする前に、軽く塩を振っておいたほうが型崩れししづらいです。

またアカアマダイは皮目の色が美しく、皮と身との間に旨味があるのでそれを活かす
松皮造り(湯霜造り)にすると良いようです。

・蒸し物

アマダイの風味、甘みを楽しむため薄味の蒸し物も捨てがたいです。
アマダイ本来の味を堪能するには良い調理法です。

 

まとめ

アマダイは色味は真鯛ににたピンク。名前もアマダイ(甘鯛)と鯛の仲間のようにも思えます。

ですが、まったくの別の魚で真鯛にはない身の柔らかさや上品な甘みが特徴です。
もちろん高級魚とされているのでそれなりにお値段が張ると思いますが、今の時期が旬!

もしご興味ある飲食店仕入れご担当者の方、試してみてはいかがでしょうか!

 

仕入れについてのお悩み・ご相談承っています! お気軽にどうぞ!

 


インスタグラム・フェイスブックでも情報を発信しております!
ぜひ、ご覧ください!

インスタはじめました
築地の情報屋たちのInstagram

▼Instagram
https://www.instagram.com/ichiba.informer/
▼facebookページ
https://www.facebook.com/shiiresaki/

1 2 3 4

Top